腐女子のちオタク、ときどき日常、ところにより愚痴
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最近、実家の方がごたついてる関係で、母親がメソメソ泣きながら電話ばっかりしてきて、気が滅入る。
娘に甘えるぐらいなら旦那に甘えろ、と思うし、うちの父を甘えさせてくれない旦那に育てたのはあんたの責任やろ、とも思う。
正直めんどくさい。



ここ数ヶ月、ほどよくバタバタしつつも、これといった愚痴もなかったので更新が止まってたわけですが。
「ブログで愚痴らなきゃやってらんないんですよ」
な、状況になったので久々の更新。
やっぱり私の最大のストレス源は母親なんだなぁ……。
(あ、職場で最大のストレス源だった姫はこの春の人事異同でいなくなりました。そのため職場は本当にストレスフリー)


正直、かろうじて理解はできるけど、共感は全くできかねる内容についてビービービービー泣かれて、冷静に諭すと
「あんたは冷静じゃなぁ」
とか言われても!
なんなん。一緒になって泣いたらいいのか!?


もうそうなっちゃったもんは、今更しょうがないんやし、
「これからどうしていったらいいと思う?」
とかいう前向きな相談ならともかく、堂々巡りな愚痴を聞かされても!
そんで
「泣いてもしょうがないじゃろ!?」
って怒ったらさらに泣くし!
子供かよ!


そんな母親を見ていて、あたしは子供の前で泣く母親にはなるまい、と心に誓ったわけですが、そう言えばあたしが中学生ぐらいの頃に母親が全く同じことを言ってたのを思い出して軽く絶望しました。
あたしも将来、子供の前で泣く母親になるんかなぁ。
それは本気で嫌やなぁ。。。



もうなぁ。。。
甘えるなら旦那に甘えれば良いのに。
とか思うわけですが。
うちの旦那も(あ、入籍しました)、20年とか30年とかしたら、甘えさせてくれんくなるんかなぁ。
それは嫌やなぁ。



でもやっぱり、母親がしっかりし過ぎていたのが問題だと思われる。
女がしっかりし過ぎてると、いざ弱った時に甘えさせてくれる男が周りにいないとかいうはめになるんじゃないかと。
「普段はしっかり者の彼女の、たまに見せる弱い部分にきゅんとする」
ような男は二次元にしかいないよね……。


結論:母親と同じ轍は踏まない。

【2011/05/23 12:57】 | 携帯電話がリンリンリン
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。