腐女子のちオタク、ときどき日常、ところにより愚痴
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こいつも病人だな


本日のタイトルは『生徒会のヲタのしみ』より
会長さんの『ダメだこいつ(ry』的な一言



二次元の分かりやすいタイプのツンデレは受け攻め女の子問わずわりと好物ですが。
ツンデレてゆかむしろツンバカに近い三次元とか嫌いだよバカヤロウヽ(`Д´)ノ


あたしは基本ドロデレなので、
内心ドロドロとした不満を抱えてても、
表面上は友好的な態度を取るわけですが。

もう本当ムリ。


「最近、添加量決める役が回ってくることが多くて嫌。まぁ、若手がやらされることが多いからしょうがないんだけど。だから今日はYさんにやってもらいたいんだよね」

とか大ベテランの隣でよく言うよなぁ、と。

いや、べつに、添加量決めるぐらいやりますよ?
そんなわざわざみんなが集まってる食堂で言わんでも。
決める段になって、「Yさんやっといてー」で良くね?

こんなこと言ったら、『先輩達に不満がある』みたいに、先輩達に受け取られるんじゃないかなぁ。

とか思わないんですかね、姫は。
思わないんだろうなぁ、姫は。


あー。
胃が痛い。二日酔いのせいだけでなく。


気にしたら負けだ。
姫は姫(自分とは常識も価値観も全く違う相手)だからしょうがない。

と思おうとしてるわけですが……。



12月の仕事の割り振りを姫に提案されたんですが、おもしろいぐらい私と姫で100:0なんですよ。
しかも、100のうち50は全くやったことない初めての仕事で。
でも、私は後輩でなんだかんだ言って姫に教えてもらう立場なので文句も言えず……。
この一週間、かなり何度も頭の中で仕事の段取りをシミュレーションして、
今日は若手では一番仕事に詳しい三年目の先輩に段取りの相談に乗ってもらったわけですが。
どう考えても、てんてこ舞いになるのは目に見えてるわけです。
だもんで、姫に
「もしかしたら、お手伝いをお願いすることになるかもしれないです……」
と、やんわりとお願いしてみたところ、
「うん、まぁ、べつに、結果出すのはその次の週でもいいしね」
と言われ。

それは、手伝ってはいただけない、ということですね?

相談に乗ってもらった先輩は、
「さすがの姫も、全く仕事がないわけですし、手伝ってもらえると思いますよ」
って言ってくれたわけですが。
一回断られてるのに、もっかい頼むとかイヤ。
かと言って、
「最悪、僕とかIさん(師匠)に言ってくれたら手伝いますし」
というお言葉に甘えるはもっとイヤ。
先輩達には先輩達に割り振られた仕事があるわけで。
私と姫に割り振られた仕事は、私と姫で片付けるのが筋だと思うわけです。
でも、姫の言うように、結果を出すのをその次の週に回したら、
月曜の仕事の報告書が、次の週になっても出てないとゆー、うちの課的にはありえない状況になるわけです。
そうなると、その報告書をもとに仕事する課に迷惑がかかって、それでその課から文句言われるのは、姫じゃなくて窓口担当になってる師匠なわけで。
それはさらにイヤ。


結局、もっかい姫にお願いするしかないのかぁ……。


あーもう。くっそー。


土日はゲームしまくって忘れよう……。

【2010/12/03 18:59】 | 携帯電話がリンリンリン
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。