腐女子のちオタク、ときどき日常、ところにより愚痴
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日、Aさんは、社会人になって初めての会議に参加しました。
正確には、初めて、『意見を求められる会議』に参加しました。

職場で使っているシステム(外注)が、修正・追加を繰り返すうちに肥大化して、
外注先でも何が何だか分からなくなってしまい、エラーが出て修正頼んでも表面的な対症療法だけで済まされ、
結果、一つエラーを直すと別のエラーが出る、
という状況になっているのを憂慮して、根本から見直そうということで委員会が立ち上がり、
仕事を見つけられず途方に暮れてたAさんにもお声がかかった。

というのが大まかな流れです。
で、まぁ、ちょこちょこ発言しつつ、先輩&上司の議論を聞いてたわけですが。
わぁー、なんか、議論がまとまりかけた段階で根底から覆す発言とか超デジャヴ。
と、思いました。
やっぱり会議ってそーゆーもんなんかなぁ。

GIの会議(とくに世代交代時期の指導部会)が毎回けっこう炎上してたのは、
私を筆頭に、みんな若くて好戦的だったせいかと思っていたのですが、
年齢とかそーゆー問題ではなかったらしい。


まぁでも、相変わらずAさんは職場で甘やかされているので、
会議で意見を求められてもさして緊張せずにいられました。
初めてのBSで緊張しまくって実は小刻みに震えてたことを思えば、
大した進歩だと思いますよ。

いやしかし、相変わらず、本当に相変わらず、職場で甘やかされていて、
正直ちょっと不安になったりします。
職場で初めて業者さんに電話した時も、師匠が、
「まず、これをFAXして、そしたらここに電話かけて、名乗って、
『注文書をさっきFAXしたので、いつものように納品お願いします』
って言ったらいいから。あ、FAXの使い方も教えるわ、こっちおいで」
と、懇切丁寧に教えてくれ、さらに、
「俺いまからちょっと用事でいなくなるから、一人でできそうだったらかけといて。無理そうだったら俺が帰って来るまで待っててくれたらいいし」
という注釈が付け加えられた上、まぁさすがにそれぐらいはできるので、師匠が帰ってくるまでに済ませておいたら、
「あ、一人でできた? おー、えらいえらい」
と褒められ、
その話を幼馴染にしたところ、
「初めてのおつかいかよ!」
と詰られたりしたわけですが。


明日も、今日の会議の関係で、その外注先の業者に初めての電話をかけるのですが、
先輩(ノット師匠)が隣についててくれるらしい。。。
「細かいこと言われて、分からんかったらいつでも電話代わってくれたらいいから」
だそうです。
正直、相変わらず電話は苦手なのでありがたいです。ありがたいのですが。
ここまで甘やかされるというか過保護にされると、持ち前の卑屈さが顔を出してですね、
もしかしてものすごく頭の弱い子だと思われているのではなかろうかと心配になってしまうわけです。
いや、まぁ。
職場でほぼ初めての女性職員だから、どのぐらい厳しくしていいんかも分からんし、
正直、仕事が多いわけではないので、手取り足取り教える時間的・精神的余裕もあるし、
ってことなんだろうと思うのですが。
どうやら、同期の話を聞いていると、ここまで甘いのはどうやら私の職場だけらしく、
あまり甘やかされてばかりだと、ほかの職場に異動になったときにいろいろとしんどいのでは、
とかも心配なわけです。
気が早いですか。
気が早いですね。



ということで、初めてのおつかいならぬ初めての会議は昔を思い出したりしつつ、事なきを得ました。


いや、でも。

つくづく。


引退する先輩が、その最後の会議で、
『いままでお疲れ様、俺』みたいな雰囲気で綺麗にフィナーレを飾ろうとしやがったのが気にいらず、
喧嘩をふっかけ、結果、男の先輩を泣かしかけた。


ような若かりし頃の自分が顔を出したら、職場での甘やかしもぴたりと収まるんだろうなぁ。。。
とか思いました。
そんなことにならないように気をつけたいと思います。


【2010/08/09 23:24】 | 日記というほどのものでもない
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。