腐女子のちオタク、ときどき日常、ところにより愚痴
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本日のタイトルは、
GS美神極楽大作戦 第11巻 誰が為に鐘は鳴る!!【その16】より
横島忠夫の台詞。


個人的に椎名先生の漫画は名言が多いと思うのですが、そしてそんなところも大好きなのですが、この台詞は群を抜いていると思います。
初めて読んだ時には衝撃が走り、以来、忘れられない一言です。


他人を安易に信用するなと、振込詐欺の警告ポスターが訴えていたりする昨今ですが、自分を安易に信用した結果はあれです。『俺はまだ本気出してないだけ』です。
とか言ってー。
『あたしは本気出せば出来る子』と根拠もなく自分を信用した結果、ネガティブデータで修論を書く羽目になりそうな今日この頃。
皆様いかがお過しでしょうか。

いやまあ、ネガティブデータで修論書いたところで死ぬわけではないのです。ただちょっと、研究室で人間扱いされなくなるだけです。
『悪人に人権はない』と言い放ったのはかの有名なリナ・インバースですが、うちの研究室の先生方はきっと、『研究の一つもまともにやれない院生に人権はない』ぐらいは思っていると思うのです。


イヤだよー。研究室でサンドバックにはなりたくないよー。
平穏無事に卒業したいよー。


かと言って、まじめに頑張る気もあまりないのです。
就活にあまり成功せず、モラトリアムを引き延ばしたかった時に、院試がちょっとうまく行っただけなのです。ペーパーテストで点が取れるのと研究に向いているのとは全く別物なのです。でなければ、浪人・留年したドクターなど存在し得ないのです。でも現実にはたくさんいるのです。


まぁそれでも、最近は研究が楽しいと感じることも増えてきてはいるのですが、研究が楽しいことと結果が出せるのもやっぱり同値ではないのです。


とか愚痴愚痴言いましたが私はもちろん元気です。
今日(こそ)はAmazonさんから例のゲームが届いているはずなのでそれやります。
楽しみだ!

【2009/12/14 22:25】 | 携帯電話がリンリンリン
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。