腐女子のちオタク、ときどき日常、ところにより愚痴
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえず中間発表は大過なく、そしてこれといった成果もなく終わりました。
教授の反応は決して良好とは言えませんでしたが、「間に合うんか?」以上のキツいことも言われませんでした。
期待されていない、ということをヒシヒシと感じるのはさすがに寂しいものがありますが、
かといって変に期待されてしんどい思いをするのはもっとイヤなのでまぁいいかと。

イヤなことはさっさと忘れて楽しかったことを書こう。そうしよう。

OB会二次会(私にとっては一次会)
・Lおくんとは久しぶり(半年ぶり?)だったにもかかわらず、久しぶりだった気がしませんでした。お互いあんまり変わってないからか?
・そんで会うたんびに私が部屋の床でゴロゴロした話をされます。
・あの頃は若かったんだよ。
・かOりんがすっかり社会人になっててショックでした。最後の砦が崩れた気分です。
・でも喋ったら全然変わってなくて安心しました。ていうかむしろ悪kk(ry
・Oばさんが落ち着いてなくて安心しました。ずっと若いままでいてください。
・Kぼきさんは相変わらず失礼でした。脳内googleのメンテを早急にしてもらいたいものです。
・そんでワールドワイドウェブの恐ろしさを痛感しました。ていうかハブ空港(ry
・同回がほとんどいなかったこともあって、1コ下の後輩を中心に旧交を温めました。
・可愛い弟とはあんまり絡めなかったのが残念でした。まあまた学食でご飯食べればよいか。
・あとYせ君ともちょっと話しました。
・彼は「n≧4のとき、n代目あ○○○ぇ委員長が留年したらn+1代目あ○○○ぇ委員長も留年する」という負の命題の反例になってくれるはずの人でした。彼は勇者でした。我々の希望でした。こうして失ってしまったことが残念でなりません。この場を借りて黙祷を捧げたいと思います。


OB会三次会
年少組とは二次会で別れて、先輩方にくっついてカラオケへ行きました。
pvwindさんと久しぶりにお会いできてうれしかったです。
でも、ここでちょいちょいコメントをいただいているのであんまり久しぶりな気がしませんでした。
一曲目にYUIの「again」を歌ったので、そこからまた一人パティごっこをやろうかと思ったのですが、(こなた役のツッコミ要員もたくさんいたし)
せっかくのOB会なので、「あの頃BOXでよく流していた曲」or「あのころカラオケでよく歌った曲」という自分なりのコンセプトに沿って選曲してました。
いちおう一番下っ端なので、(年齢的にはKぼきさんの方が下ですが)(そんでKぼきさんはそーゆー言わんでいいことを言っちゃう人ですが)オタソンは自粛してたんです。

DDさんがまりさとか入れるまでの話でしたけど……!

ここで乗っからなきゃ私じゃない、と、アイデンティティを、そして何よりオタクとしてのプライドを守るため、オタソン・電波ソングの波に乗っかってみました。
でもオタソン解禁したとたん、自分の中で持ち歌の幅が倍以上に広がって、そんな自分に愕然としました。
普通の人の前でも歌える持ち歌を増やすべきかもしれない。。。
あと、Sんめいさんが「God knows ...」を入れたときにほぼ全員で合唱になったのは衝撃でした。(少なくとも漫画・アニメというカテゴリにおいて)限りなく一般人のOばさんが完全にマイノリティになっていて、ああなんて偏った集団なんだと。


まとめると。
非常に楽しかったです。
でもなんか、居心地良すぎたせいで、すっかり里心がついてしまいました。
最近はやっとそれなりに研究室も居心地良くなってきてたんですが、やっぱその差は歴然としてました。
準安定と最安定の差は思った以上でした。
あのころに戻りたい、というよりは、このコミュニティにずっといたい、という感じです。っていうかもっと端的に言うと、研究室に行きたくないなぁってことなんですが。
なんなんでしょうね。研究室にいるときはやっぱ気を使ってるんですかね。
まぁ、研究室は決して仲良しの集まりではないので当然っちゃ当然なんですが。

まぁいいや。どうせあと半年もせずに卒業だ! 自由だ!

【2009/11/22 16:56】 | 日記というほどのものでもない
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。