腐女子のちオタク、ときどき日常、ところにより愚痴
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こないだ買うのは我慢しようとか言ってた「ひつじ村」ですが、mixiのアプリのあまりの重さにイラッてなって気づいたらamazonさんで注文していました。
完全に術中にはまっておる……!
でも、一度買ったPS2版のを買う気にはならず、PSP版もPS2の移植っぽかったので、DS版に変えてみました。
早ければ明日には届きます。楽しみだ。

RPGが好きだと長いこと思ってきましたが、最近の私の趣味はSLGに偏ってきてる気がします。
なかでも作業ゲー。
あと、アトリエシリーズのようなお使いゲーも好きらしい。12月発売のDSアトリエも楽しみです。DSは据え置きハードと違ってテレビ見ながら出来るのでやり込むにはぴったりです。
でも、テレビ見ながらゲームとかってどんだけダメな子かって話ですよね。
気にしてたら死にたくなるから気にしないことにしよう。そうしよう。
深夜3時までゲームしてるせいで寝不足だとかそんなことばっかり言ってたら、ついに研究室の四回生からもオタク扱いを受けるようになってしまいました。ひよっこにこんな扱いを受ける日が来ようとは。
冷静に考えると泣きたくなるんですが、私が塾講バイトを初めて最初に受け持った生徒も(留年とかしてなければ)いまや4回生になっているわけですよ。
あの子らと同い年の子からゲーム好きのしょうもない先輩かと思われているのかと思うといろいろいろいろ残念でなりません。



話は変わって、ブログラムなるものを導入してみました。
ブログの記事を書くと、その成分を解析してくれるらしいです。
どのぐらいこのブログが偏っているのか楽しみです。


山本文緒さんの「あなたには帰る家がある」を読み終わったのでその話もしたかったのですが、長くなりそうなので手短に。
読み始めた時には鼻についてしょうがなかった真弓と、逆にこーゆう主婦になりたいと思わされた綾子でしたが、読み終わった時には、綾子は完全にダメな人間で、真弓はわがままながら根性はあるし自分の意思を押し通すだけの強さはあるし、好感は持てました。
なんかその、二人の女性に対する評価がくるっと引っ繰り返されたとこなんか流石って感じです。
好感は持てたとかいいながら、やっぱり真弓もだいぶダメだとは思います。まぁでも、登場人物はみんな、弱くて我がままで結局は自分が一番可愛いわけです。そーゆう部分に自己を投影できるから、どこか自虐的な気分になりながらどっぷり浸れるのかと。
やっぱり山本さんの小説は面白いなぁ。次は何を読もうかな。

【2009/11/13 01:22】 | 日記というほどのものでもない
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。